株式会社WOODSTOCK

コミュニケーションをより充実させるための機会と場所づくり

経営者と従業員の間の垣根が低く、コミュニケーションがスムーズに行われることは会社にとっても働く方々にとってもとても大切なことです。

当社は会社の方針を社員が理解し、社員のアイデアや意見や問題定義を経営者が聞き、受け入れていくことのできる会社にするための努力を日々行っています。
現在、リサイクルショップの「お宝あっとマーケット」は、関東県内を中心に10店舗を展開しているため、交流の機会を設ける目的も含めて定期的な研修旅行を実施しています。

地方の他店を見学し一泊して懇親を深めていますが、今後はさらに店舗も社員数も増え、新規事業も立ち上がりますので、今まで以上に「顔を合わせて話す」ことに重きをおいていきたいと考えています。
そのような背景から、
房総半島に研修センター・保養所をオープン。

社員同士や経営者と社員とのコミュニケーションがより高まる全社の集いの場として活用しています。半島から海を臨む立地にあり宿泊施設も完備。昼間は研修、夜は新鮮な食材を仕入れて飲食をともにし懇親を深めたいと思っております。
さらに、野菜作りに関心がある社員のために、菜園を設けた保養施設も準備しております。
このように職場を離れた場所で、社員が楽しく懇親を深めることで全社が一体となって目的に向かって進むことができ、事業が発展し、収益の一部は従業員へ還元する。同時に従業員各々の自己実現にもつながる。

それが当社が目指していることです。

楽しく自由な発想で仕事にやりがいを感じながら働ける職場環境を創造します。